プロバンス記 その17 ~ルールマラン~

キュキュロンを後にして今日の目的地であるルールマラン(Lourmarin)という村まで車を走らせます。
ルールマランは、かのアルベール・カミュが晩年を過ごし今も村はずれの墓地に眠ることでも有名なのだそうです。

アルベール・カミュ !

なんと懐かしい響きでしょう。
『異邦人』や『ペスト』を初めて読んだのは二十歳のころだったでしょうか。
当時は、たいして意味もわからないのに「不条理」や「反抗」というコトバを使うことでなんだか人と違う自分になれたような気がして、、

あの頃のアホな私の頭の中では、
アルベール・カミュの “一切の超越者を退けて生きる” という態度と
ちばてつやの「明日のジョー 2」と
金子正次が脚本、主演した映画「竜二」と
柳ジョージの「コインランドリーブルース」
は、同じ地平で輝いておりました。

まあ、青臭くも楽しい頃でありましたな(笑)。

おっと、プロバンスの瀟洒な村をご紹介しようとしていたのに。。。 失礼致しました。

Lourmarin_1

ルールマランは、ルールマラン城とその脇にある小さな村からなる観光地です。
城は小ぶりで復元状態もよく、これから本格的になる夏のバカンスシーズンにはコンサートをはじめいろいろなイベントが開かれるそうです。
村にある様々な店はどれも洗練されていてお洒落!
レストランとカフェはもちろん、可愛い雑貨屋さん、プロバンス特有の白い綿生地の服やパナマ帽の店に混じっていくつもの画廊がありました。
画廊のいくつかに入ってみましたら、ゴッホやセザンヌ、マチスやゴーガンの筆を真似た風景画を多く扱っている店もあればコンセプチュアル風を中心にした店、古代ローマのフレスコ画風からアジア、アフリカのプリミティヴな雰囲気のものまでいろいろな「~な感じ」の絵画やインスタレーションが売られていました。
この辺りに点在する多くの別荘のリビングや寝室の壁を飾るためでしょうね。
Lourmarin_3
私は翌日の朝早くにランニングしたのですが、周囲にはため息をつくほどの美しいヴィラがいくつもありました。

そして、アルベール・カミュの時代が過去のものになったことを感じながら、
アートや文学がかの時代に確かに持っていた戦闘性を急速に失いつつある現代を、
彼は墓の中でどのように見ているのだろうかとふと思いました。
Lourmarin_2

カテゴリー: TACHIZONO | コメントをどうぞ

6月のシフト

shift6こんにちは。zonoです。
ゴールデンウィークも終わって季節はすっかり初夏。
気持ちのいい季節になりましたね。
ヘアスタイルを軽くするには頃合いですよ。
皆様のご来店をお待ちしております。

6月のシフトが決まりましたので5月の残りとあわせてお知らせ致します。
どうぞよろしくお願いします。

WEBからのご予約はこちらです。

【6月のスタイリストのお休み】
火曜日は定休日となっております。
立薗信幸  13(木)
岩根陽一  10(月),20(木),26(水)
樋渡ゆかり 7(金),12(水),21(金),28(金)
ミネタショウゴ 14(金),19(水)

こちらのシフト表でも確認できます。

【5月の残りのお休み】
火曜日は定休日となっております。
立薗信幸  22(水)
岩根陽一  13(月),30(木)
樋渡ゆかり 17(金),20(月),27(月)
ミネタショウゴ 16(木),24(金)

こちらのシフト表でも確認できます。

WEBからのご予約はこちらです。

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

システム障害について 4/18

お客様へ

おはようございます。zonoです。
AVASHの予約システムはシステム提供会社のトラブルの影響で4/18午前9:30現在、稼動しておりません。
サロンは通常通り営業しておりますので誠に恐れ入りますがご予約は
045-435-0929
へお電話をお願いします。
ご不便をお掛けしますこと心よりお詫び致します。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

AVASH 代表 立薗信幸

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

【緊急告知】予約システム障害のお知らせ

こんにちは。zonoです。
4/17(水)17:00現在、AVASHが契約している予約システムのサーバーが不具合を起こしていてアプリやメールを使った予約ができない状態です。
お客様にはご不便とご迷惑をおかけ致しておりますこと、心よりお詫び申し上げます。
現時点ではいつごろ復旧できるかは私たちにはわかりませんが、AVASHは通常どおり営業しておりますのでお電話にてご予約下さい
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

5月のシフト

0411こんにちは。zonoです。
今年のゴールデンウィークは10連休とあって世間がざわついていますね(笑)。
AVASHはそんなにお休みができるわけではありませんが、期間中の営業体制を少し変更することにしましたのでお知らせいたします。

★4/30(火),5/1(水)
お休みさせていただきます。
★4/28(日),29(月),5/2(木)~5(日)
営業を19時までとし、受付時間を下記のとおりとさせていただきます。
パーマ or ヘアカラー 10:00~17:30
カット 10:00~18:20

ご不便をお掛けしまして誠に恐縮ですが、お客様のご理解をいただければと存じます。

5月のスタイリスト別のお休みと4月の残りのお休みは以下にお知らせ致します。

WEBからのご予約はこちらです。

【5月のスタイリストのお休み】
火曜日は定休日となっております。
5/1(水)は臨時休業となります。
立薗信幸  1(水),22(水)
岩根陽一  1(水),11(木),30(木)
樋渡ゆかり 1(水),10(金),17(金),20(月),27(月)
ミネタショウゴ 1(水),16(木),24(金)

こちらのシフト表でも確認できます。

【4月の残りのお休み】
火曜日は定休日となっております。
立薗信幸  15(月)
岩根陽一  17(水)
樋渡ゆかり 19(金),22(月)
ミネタショウゴ 12(金),21(日),25(木)

こちらのシフト表でも確認できます。

WEBからのご予約はこちらです。

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

プロバンス記 その16~キュキュロン~

ガソリンを満タンにしてお腹いっぱいになったシトロエンをのんびり走らせてキュキュロン(Cucuron)という村を目指します。
素晴らしい晴天に恵まれた小一時間は車窓に初夏の花々と遠景のリュベロンの山並みを見ながらの快適なドライブになりました。
道中があまりにのどかで美しいので何回か路肩に車を止めて道端でゆっくりと深呼吸をしました。
自分の車のエンジンを切ると、他にはほとんど車も走っていない田舎道で聞こえるのは風にそよぐ木の葉の音と鳥のさえずりだけになります。
太陽は穏やかに地表を照らし、木々と葉が作る陰影を美しく引き立てます。
バイロンでなくても詩の一編でも書けそうな、かつて印象派の画家たちが描いたプロバンスの風景が眼前に広がります。
天を仰いでゆっくりと目を閉じて、空気と大地の温かみを感じながら深く深く息を吸って吐く。

ゆっくりと。

「何も無い」のではなく「全てがある」満たされた時間です。

cucuron

キュキュロン(Cucuron)はそんな村でした。
村の中心に大きなプラタナスに囲まれた池とその周囲のいくつかのカフェとレストラン。
観光資源といえばこれだけです。
池は時々は映画の撮影で使われるそうですが他に見るものもないので観光客もその辺りにしかいません。
1本通りを入ると普通の人々が住む静かな村の日常を見ることができます。
だからこの村ではカメラは置いてゆっくりと散歩することをおすすめします。
きっと満たされた時間を過ごすことができると思いますよ。

カテゴリー: TACHIZONO | コメントをどうぞ

プロバンス記 その15~ガソリンスタンド~

0328ゴルド3日目。
この日はルールマランへの移動日でした。
私の借りたシトロエンのディーゼルエンジンの燃費は素晴らしく、燃料計の針はまだ1/3ほど残っておりました。
しかしながら翌日は日曜日でカトリックの国フランスでは多くの商店はお休みなのでガソリンスタンドが営業していない可能性があります。
しかも明日はルールマランからさらにイクザン・プロバンスまで移動する予定ですので、今日中に燃料を補給するという重要なミッションをこなすことにしました。
チェックアウトの際に、宿の美しいマダムは近くにひとつだけあるという小さなガソリンスタンドまでの道のりを丁寧に教えてくれました。
そして今日、土曜日は午前中しか営業していないことも笑顔で付け加えてくれました。

え!?

これはなかなかなピンチなのでは?

なぜなら、私とマダムは英語で会話をしているので正確に聞き取れている自信はありません。
それはガソリンスタンドまでの道を間違える確立がかなりあるということです(私は日本でカーナビを使っていても道に迷うくらいの方向音痴)。
「午前中の営業」こういった漠然とした表現も怪しいのです。
店主の気分でいつ営業終了するかわかったものではありません。
朝食の時に感じていたゴルドへの惜別の想いもどこへやら。
マダムへの別れの挨拶もそこそこに不安いっぱいで教えられた道を車を走らせました。

そしたらなんと迷うことなく到着!
人間真剣に物事に取り組むとなんとかなるものですね(笑)。

道端にぽつんと佇むガソリンスタンドは日本の田舎にあるような古びたスタンドで給油機は2つだけでした。
何台か先客がいたので順番を待ちながら様子を窺います。
どうやらセルフ式のようで周囲に店員さんの姿はありません。
そうこうしているうちに私の順番になったので車を給油機の近くに寄せました。

ふふふ・・ww

予想はしていましたが、、、
全く使い方がわかりません(汗)。
私の後ろには次の人がすでに待っているのでプレッシャーが、、

ま、こんなときは人に聞くのがいちばんです(笑)。
私の前で給油を終えたおじいちゃんに話しかけます。
“Paldon Musshu…” ← 私が知っているフランス語でこういうときに使えるフレーズはこれだけです。
“I don’t know how to use it.”
そしたらおじいちゃんはどうやら英語はわからないようでしたが、私が何を尋ねているかは理解してくれたようす。
こちらがびっくりするくらいチャーミングな笑顔と全く理解できないフランス語で話しかけてきました。
それでも、人間真剣に物事に取り組むとなんとかなるものです。
私は(まるで突然に超能力者になったかのように)おじいちゃんの言っていることが理解できたのです。

以下「」は私の言葉で日本語です。
『』はおじいちゃんの言葉でフランス語です。

『どんくらい給油するんだ?』
「満タン!」(ジェスチャーを交えて)
『支払いは?』
「カードで!」(クレジットカードを見せながら)
おじいちゃんは給油機に付いているいくつかのボタンを押して、カードを入れるとこを指差してくれました。
そしてテンキーを指差して自分の目を手でおおいながら
『ほら、俺は見てないから暗証番号を押すんだ、確認ボタンも忘れるな』
『よし、じゃあこのノズルで給油するんだ』
そのとき、車がディーゼルエンジンであることを思い出した私は
「ちょっと待って、これ軽油だよね?」(車の給油口のシールを指差しながら)
『大丈夫、わかっているよ。これでいいんだ!』
そして私の給油が終わるのを待っている次の人に軽くウインクしてもうすぐだからと伝えてくれたのです。

こんな些細な経験が旅を何倍も面白くしてくれるものですよね。

カテゴリー: TACHIZONO | コメントをどうぞ

4月のシフト

0318こんにちは。zonoです。
4月のシフトが決まりましたので3月の残りと合わせてお伝え致します。
4 月よりスタッフの人数がひとり少なくなりますが、残ったスタッフで力を合わせてAVASHを盛り上げていこうと思っております。
どうぞよろしくお願いします。

WEBからのご予約はこちらです。

【4月のスタイリストのお休み】
火曜日は定休日となっております。
立薗信幸  15(月)
岩根陽一  4(木),11(木),17(水)
樋渡ゆかり 5(金),10(水),19(金),22(月)
ミネタショウゴ 12(金),21(日),25(木)
こちらのシフト表でも確認できます。

【3月の残りのお休み】
火曜日は定休日となっております。
立薗信幸  20(水),27(水)
岩根陽一  25(水)
石川南   28(木)
樋渡ゆかり 18(月),29(金)
ミネタショウゴ 22(金)
こちらのシフト表でも確認できます。

WEBからのご予約はこちらです。

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

スタッフ移動のお知らせ

こんにちは。zonoです。
3月は人が移動する季節ですよね。
AVASHでもスタイリストの石川南が住居を都内に移転することになり通勤が難しくなったため、3月末日をもって退社することになりました。
8年間一緒に仕事をしてくれた仲間の新しい旅立ちを私たちは心から応援したいと思っております。
しかしながら、お客様には突然のことでご不便をお掛けしますこと心よりお詫び致します。
3月中にご来店のお客様にはご挨拶及び担当の引継ぎをさせていただきたく存じます。
残り少ない日数ではありますが誠意対応させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

プロバンス記 その14 ~L’Artegal~

0226前菜は卵とほうれん草とチーズのカプチーノ
Organic poached egg, spinach and parmesan cheese, smoked pancetta cappuccino
白いスープ皿の真ん中にオーガニック卵のポーチドエッグを置いて、その周囲にカプチーノ仕立てのミルクを配した白いひと皿。
丁寧にエスプーマされたミルクの下のスープには、ほうれん草、パルメザンチーズ、スモークベーコンが隠されていました。
ポーチドエッグを割って全体を軽く混ぜると卵の黄色とほうれん草の緑、カプチーノの白が皿の中で美しい色の調和を魅せてくれます。
残念ながらスープストックを分析できるほどの舌を持たない私ですが、身体に優しい味と食感は上質ながらも親しみやすくて、シックで落ち着いた雰囲気の店内装飾とよく合っていました。

メインはラム。
Lamb from Provence, herbs juice and roasted garlic
旅先をプロバンスに決めたときからずっと楽しみにしていたメニューです。
低温でゆっくり焼き上げた桜色のラム肉をローストガーリックとローズマリーをベースにしたハーブソースを軽くかけてシンプルにいただきます。
そうなるとワインはもちろん、コート・デュ・ローヌのルージュ。
シャトー・ヌフ・パプに代表される多品種をブレンドして造られた南部ローヌらしく、色も香りもしっかりしていて健康的。
ガーリックとハーブで香り付けしたラムとともにいただくと、それはもう・・・

!!!! 至福 !!!!

デザートはクリームショコラ。
The chcolate desert, cremy and crunchiy, tonka ice cream
「甘味を抑え」たりはしない。
しっかり甘くてクリーミー。
私は間食をほとんどしないので食事のときは甘いデザートまできちんと食べます。
なぜなら西欧の料理は前菜からメインまで基本的に砂糖やみりんなどを使わない場合が殆どなので、デザートでしっかり糖分を摂らないと旅行中に身体が疲れやすくなってしまうんです。
まあ、それは言い訳で本当は単に食いしん坊なだけなんですけどね(笑)。

以上、私が楽しんだゴルドの夕食でした。

カテゴリー: TACHIZONO | コメントをどうぞ