セミディのやわらかボブスタイル

鎖骨レングスのワンレングスボブを柔らかく作ってみました。
肩から鎖骨にかけての長さは髪がとてもはねやすいですよね。
毛先の動きをデザインの「遊び」としてどのように見せたらいいのかスタイルとしては悩みどころです。
パーマを使うのか、ヘアアイロンで巻いて動かすのか。。。
なりたいイメージをじっくりとお聞かせください。
求めるデザインによっていろいろなアプローチがあるのでカウンセリングをきちんとしてから対応させていただいています。

 

 

 
今回はワンレングスのベースにフェースラインからバックにかけてマッシュラインのローレイヤーを入れ、肩ではねたとき「ゆらぎ」みたいに見えるようにねらってみました。
「かわいくもあり、セクシーでもあり」みたいなイメージが今回のモデルさんには似合うと思ったからです。
長さが中途半端なので毛先に「遊び」ができるわけですが、この場合はヘアカラーがとても大切な要素になってきます。
モデルさんの瞳の色と出したいイメージから9レベルのブルーグリーンをワンメイクしてみました。
いかがでしょうか?
よかたら参考にしてみてくださいね。

 

 

カテゴリー: TACHIZONO, ヘアスタイル   パーマリンク

コメントを残す