ロングの黒髪に似合うパーマスタイル

黒髪でパーマやヘアアイロンでウェーブやカールを作って「小慣れた感じ」のフェミニンなスタイルにするのって長さに関わらず案外難しいですよね。
カールの存在感が強くなりがちで、思った以上にボリュームが出てしまってなんとなくクラッシックなイメージになってしまいがちです。
今回はそんな黒髪ロングの巻髪スタイルをパーマベースで作ってみました。
ヘアカラーをしたことのないというモデルさんの髪は6~7レベルのダークブラウンでした。
カットはワンレングスをベースにフェイスラインのレイヤーは顎下から入れる感じです。つまり、かなりローレイヤーになっています。

量感の調整は顔の周りと髪の中間から毛先を中心に透明感を見ながら丁寧に入れていきます。
モデルさんは縮毛矯正をかけた髪なのでなかなかに高いハードルだったのですが、クリープパーマで1液タイムは4分ですのでダメージは軽減できたのではないかと思います。
上までパーマをかけるとボリュームが出すぎた印象になってしまうので、シルエットをコントロールするためにロッドはリップラインくらいまでしか巻きませんでした。
いかがでしょうか?
よかったら参考にしてみてくださいね。

 

カテゴリー: TACHIZONO, ヘアスタイル   パーマリンク

コメントを残す